光脱毛のデメリットとは?

黒い毛以外には反応してくれない

光脱毛のデメリットとしてまず挙げられているのが、黒い毛以外に反応してくれない点です。 光脱毛はその特性から黒い色に反応して効果を発揮するため、産毛や色の薄い毛を脱毛しようと思っても光が反応してくれないため脱毛が起こらないケースが多いとされています。このため顔の産毛を綺麗にしたいと思っていても光脱毛は使用できないことがありますし、色が薄いと効果が発揮されるまで時間がかかることもあるようです。 そして黒い色に反応するということでシミやほくろがあった場合は、そちらに強く反応してしまう傾向もあります。このためシミやほくろに対しては施術できないため、その周辺の脱毛は別の方法を検討しなければいけない点もデメリットです。

永久脱毛としては認められていない

また永久脱毛を検討している人にとっても、光脱毛はデメリットだと言われています。
実は光脱毛の位置づけはムダ毛を少なくする「減毛」となっていて、光脱毛をしたからと言ってずっとムダ毛が生えてこなくなるわけではありません。あくまでもムダ毛を目立たなくさせる効果しかないので、永久脱毛をしたい場合にはレーザー脱毛などのほかの手段を検討する必要があります。

ただこのデメリットに関しては光脱毛でもかなりムダ毛を目立たなくさせることはできますし、光脱毛で永久脱毛ができないのは建前であるとする意見も多いです。このため永久脱毛に近い効果は期待できると考えられているので、そこまで大きなデメリットではないとも言われています。

渋谷で脱毛を専門としている美容外科やサロンには、新規の顧客向けに低価格のコースを提供したり、無料カウンセリングを実施したりするところが多くあります。