レーザー脱毛のデメリットとは?

痛みを強く感じる場合も

現在では脱毛の技術も進化しており、産毛から剛毛までしっかりと処理することができます。プロの施術では大きく分けてエステサロンによる施術と医療機関が提供する医療脱毛があります。医療脱毛では、現在ではレーザーを毛根の黒い部分に照射して破壊するレーザー脱毛が主流です。広い範囲も短時間で処理でき、永久脱毛の効果が期待できることもあり、女性はもちろん、男性にも人気の施術です。メリットの多い方法ですが、施術前にはデメリットがないかも知っておきましょう。

まず、デメリットのひとつとしては、痛みを強く感じる可能性があるということがあげられます。エステサロンの施術よりパワーが強く、その分痛みも強いと言われています。対処方法としてはより痛みの少ないマシンを導入するクリニックを選ぶ、麻酔クリームなどで対処してもらうなどがあげられます。

費用が高くなる可能性もあります

レーザー脱毛を利用するデメリットとしては、費用が高くつく場合があるということがあげられます。レーザー脱毛も医療行為ですが、美容を目的とした治療ですので保険適用はされません。施術費用は実費になるということは理解しておきましょう。現在ではより低価格で施術を行うクリニックも増えていますので、申し込む前には料金も良く比較しておきましょう。キャンぺーンを活用すればより安く施術が受けられるのでこちらもチェックしておきたいところです。

レーザー脱毛のデメリットとしては、何度も通う必要があるということもあげられます。施術は高い効果が期待できますが、毛周期に合わせての施術ですので完成までにはある程度の期間通わなくてはいけません。それゆえ、長期にも無理なく通えるクリニックを選ぶことも大事です。

新宿で脱毛する時は、脱毛サロンが多すぎてどこにすべきか迷ってしまいます。安心なのは美容医療クリニックです。医療機関なので、カウンセリングと脱毛機器が充実しています。